« ら・わ・ん | トップページ | ま ~ も »

や ~ よ

     方 言      意 味       語源、由来
 やえはっか 複雑で混乱した状態、めちゃくちゃ 「八重」と「八卦」が合わさって複雑な様子の言葉
 やから、やがら 奴ら、あいつら、連中、手合い、厄介な人達、たぐい 蔑視言葉の「不逞の輩(ふていのやから)」が短くなった言い回し、標準語だが東京などでは使われないようだ
 やきぱだ 火傷 語源の「焼き畑」に「焼き肌」が混用され転じたか?
 やぎめし おにぎり 「焼きにぎりめし」が転じ「おにぎり」を指すようになった言葉
 やしき、やしぎ 隣組、班、集落 昔は「宅地」を含めた一定区画の土地も「屋敷」と言ったことの名残
 やぢ、やぢっぽ 湿り易い土地、谷間の土地 低湿地を指す言葉「谷地(やち)、谷津(やつ)」が訛った
 やちか、やっちか 弱い、弱弱しい、陰湿な外見
    病み気味の様子
大阪の「弱っちい」の転訛にも思えるが、地域独自語なのかもしれない
 やっきる 焼いて切り裂くこと 「やききる(焼き切る)」が転訛した
 やっけ 厄介 江戸弁「やっけぃ(厄介)」が訛った
 やっけ、やっこい 柔らかい 江戸弁「やぁらけぇ(柔らかい)」が訛った
 やっけごど (なんて)柔らかいんでしょう 「ご」=濁音・「柔らかいこと~」の感動語の訛り。
 やっけこ゜ど
     ※ ぐ=鼻濁音
厄介な問題、面倒な事、凶事 「やっかいごと(厄介事)」転訛。
 やっこどね ①手出し無用。世話やき無用
    ②何もやることが無い。
①「やる必要は無い」が転じ訛った
    ②「やることが無い」が訛った言い方
 やっさら 度々、しきりに 古い言い方「弥更(いやさら)」の転訛か?
 ・・・やす ・・ます。・・・です。 都言葉(京都・大阪)の「やす・やんす」が江戸時代に一般化して、伝わった言い方
 やっち、やっちぇ やりたい 江戸弁「やりてぇ」が訛った
 やっちゃぐね やりたくない 江戸弁「やっちくねぇ」が訛った
 やっとごさ    〃   〃
 やっとごすっとご ほんとうにようやっと 「やっとすっと」の強調形
 やっとすっと ようやっと、やっとのことで やっとこ、すっとこが混じり合った言葉
 やっぱし やはり 江戸弁の「やっぱり」が訛った
 やっぴし 何度も、毎回 「八つ拍子」か「八つ遍」が転じ訛った
 やづめら、やづら あいつ達、奴ら(やつら) 古語の「彼奴ら(きゃつら)」が転じ訛った言葉
 やなさって しあさって(明明後日) 古語の「やのあさって」が訛った
 やは(yaha) 弱い、壊れやすい、やわ やわ(柔、軟)が訛ったものか?意味は同じ
 やばさんしょ 行きましょうよ 「やべ」を目上の人に使う敬語の言い方
 やばし みすぼらしい、汚らしい、胡散臭い 無粋の意味の「やぼし(野暮し)」が転じ訛った
 やばせ 一緒に行きましょうよ 「やべ」の丁寧な言い方
 やべ (ともに)行こう、付いてこい 古語の歩き行くの意「あやぶ(歩ぶ)」が転じた
 ヤマガヂ 毒蛇の「ヤマカガシ」こと ヤマカガシの古称「ヤマカガチ」が転訛した
 やむ 痛みがくる、うずく、痛む 「病む(やむ)」のこと、主に継続痛や遅くに出る痛み
 やや、(ややこ) あかちゃん 古語の「やや(稚)ややこ(稚児)」を使用
 ややなし お産のこと 古語の「ややなし(稚・生し)」を使用
 ややぶるめ(ぶるまい) 赤ちゃんの祝い行事(振舞) 赤子の叔母達だけを集めてやる「祝い振る舞い」の事
 ややもり 赤ちゃんの子守 古語「ややまぼり(稚・守り)」が転じた
 やらっちゃ やられた、してやられた 「遣られた」が訛った
 やろ 男、者 古語の男の子を指す「野郎」が転じ訛った
 やろこ、(やろっこ) 少年、子供、少年の様な人 野郎に「こ(子)」が付いたもので、「稚拙な者」も意味する
 やろめら あいつら、あの野郎たち 「野郎たち」が転じ、相手を見下す言葉
 やんが 山側、または山の川沿い 「やまがわ(山側、山川)」が転じ訛った
 やんげし、やんげぇし 仕返し、報復、復讐 「やりかえし(遣り返し)」が転じ訛った
 やんだ 嫌(いや)だ 「嫌だ」が訛った
 やんだぐしっちま 嫌になってしまう、不快にさせる 「嫌になってしまう」が訛った
 やんだぐなっちま 嫌気がさしそうだ、不快になる 「嫌になってしまう」が訛った
 やんでる 病気だ、悩んでいる 稀になった言い方「病(や)んでる」のこと
 やんね やらない 江戸弁「やらねぇ」が訛った
 ゆすぐ すすぐ、水にさらし流すすこと 「すすぐ」が今は一般的だが、「口をゆすぐ」など同時に使われていた言葉である。
 ゆする 揺らす、揺り動かす、揺さぶる 古い標準語「揺する」である
 ゆすぐる 「ゆする」より少し強く荒い言い方 古い標準語「揺する」の強調形
 ゆすぶる、ゆさぶる 同上 「揺する」に「振る」が相まって転訛
 ゆだれ よだれ 古語の「よだり」が転じ訛った
 ゆっつばる 結びつける 「結(ゆ)い縛(しば)る」が訛った
 ゆんべ 昨日の夜 「ゆうべ(昨夜・夕べ)」が訛ったもの
 よいでね 難しい、困難だ、 「ようい(容易)でない」が訛った
 ようめし 晩ご飯 「よるのめし」が訛った
 よくたがり 強欲な奴、がめつい奴 「欲」に「集り(たかり)」が付き転訛した
 よぐふか 欲深い、欲深い人 「欲深(よくぶか)」が訛ったもの
 よぐふけ、よぐぶげ 欲が深いこと 江戸弁「よくぶけぇ」が訛った
 よごっぴづ いびつなこと、ゆがんだ様子 「横に歪みいびつ」の言葉が転じた
 よさる 寄る、偏る 上代東国方言の「よそる」がさらに訛った言葉。
 よたこう、よたもん やくざ者、チンピラ、役立たず 馬鹿なやつを指す「与太者」が転じた
 ・・・よっか ・・よりも、・・よりは 助詞、「・・よりか」が転訛したもの
 よっかがる 寄りかかること 「よりかかる」が訛ったもの
 よっく・・、よっくど・・ 十分に、くわしく、しっかりと 「よく(良く、能く)」の強調「ようく」が訛った
 よっさわり みすぼらしい姿、汚らしい姿 「様子が悪い」が訛った言葉
 よったがる 寄り付くこと 「よりたかる(寄り集る)」の転訛
 よったがんね 寄り付かない、近づかない 「よりたからない(寄り集らない)」の転訛
 よったまる 寄り集まる 「よりたまる(寄り溜まる)」が訛った
 よったり 4人 四人の数え方の古い標準語「よたり」が訛った
 よってがさんしょ お寄りくださいませ 上記のより丁寧語、敬語
 よってがせ 立ち寄ってください 上記の少し丁寧語「寄ってください」が転訛
 よってげ 立ち寄っていけ 「寄っていけ」が転訛した
 よってづがんにぇ 近寄り難い、関りづらい 「寄って、付けない」が転じた言い回し。
 よっぱら 充分と、散々、長々と 古語の充分なの意「余腹(よはら)」が訛った
 よっぱらすっぱら あきれるくらい充分 「よっぱら」の強調
 よっぱれ 酔っ払い。酔ってしまった者 「よっぱらい」が訛った
 よっぴで 夜通し、徹夜で 古語の「よるひとよ(夜一夜)」が転じ訛った
 よっぽど よほど、 「余程(よほど)」が転訛した
 よどれ 老い耄れ、またはそんな風に弱った様子の人。 同上の名詞形、悪口と蔑み語
 よどれる 老いて、または老いたようにみすぼらしくなった様子 沈滞して活気が無い様子「よど(淀・澱)む」が転じた
 よねまつり 米寿の祝いのこと 米寿(よね・いわい)が米祭り(よねまつり)となった
 よのもの その他の物 古語、その他の意「余の物」をそのまま仕様してる
 よばっちゃ 招待を受けた、呼ばれた 古語「呼ばれた」が転じ訛った
 よはり 夜の見張り。徹夜の意も有 「夜」と見張りが合わさった作業言葉
 よばれ 御招待、およばれ 「およ(呼・招)ばれ」が転じた
 よばれ 呼べ、呼んできなさい 古語「呼ばる」の命令形「よばれ」を使用
 よひかり 日中より夜中に動くのが多い者。 同じ意味の「宵っ張り(よいっぱり)」が転じた
 よらつぐ ふらつく、フラフラ歩くこと 「ゆらつく(揺らつく)」の転訛
 よらぶる よろける、倒れそうになる 「ゆれふらる(揺れ振らる)」の転訛
 よわかす 弱虫 「弱い、かす野郎」が転じた
 よわり、よわれ 徹夜、夜中の仕事 時間を割(さ)くと同じ意味使いの「夜割り(よわり)」
     
     

|

« ら・わ・ん | トップページ | ま ~ も »

南達弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ら・わ・ん | トップページ | ま ~ も »