« く・け・こ | トップページ | う・え・お »

か ~ き

     方 言      意 味       語源、由来
 かぁ 川、河 「かわ(川)」が訛ったもの
 かぁら 川原、河原 「かわら(河原)」が訛ったもの
 かぁばだ 川べり、川沿い 「かわばた(川端)」が訛ったもの
 かい、かいい かゆい、 「かゆい」が訛ったもの 
 がおる 困る、病気になる 古語「閉口する」の意の「がおる(我折る)」が転じた
 がおった 困った、病に伏せった 古語「閉口する」の意の「がおる(我折る)」の変形
 かがらし うっとおしい、煩わしい たずさわる事の意「関(かか)わりし」が転じた
 かがりご 世話を掛ける子供、跡取り
    親が老後に頼りとする子供
古い日本語の「かかりこ(掛かり子)」が転訛したもの
 がげ 崖(がけ) 「がけ(崖)」の「け」が濁音に訛ったもの
 がげ
     ※ が=鼻濁音
・・・たて、・・・(し)たところ
    ・・・し終えた直後
「掛け」が転じたものだが、「・・・し始め」ではなく「・・し終えた」の意味になる。「が」は鼻濁音になる。
    例、「搗きたて餅」⇒「搗きがげ餅」となる
 ・・・かげ ・・・かけ、・・・途中 「かけ(掛け」が転じたもの。「け」だけ濁音になる
 がさばる かさばる、かさむこと 「かさばる(嵩張る)」が訛ったもの
 がさやぶ ひどく混み茂った藪 古語の荒れた藪の「こさやぶ(木障藪)」が転じた
 がさもぐ ガサガサしたゴミ・物 ガサついたごもく(芥)が転じた言葉
 かすかだり 知った風なことを言う人 江戸弁の「こごと」の意「かす」の言葉に、「かたり(語り)」が付いて転じ訛ったことば
 かすかだんでね 生意気を言うな、知った風なことを言うな、余計なことを言うな、無駄口をたたくな、うるさい 同上の「かす」に「語るんじゃない」の訛りことばが付いて転訛した言い方
 かすげ 鎹(かすがい) 「鎹(かすがい)」の江戸弁が転訛
 かずげる 嫌なことを押しつける。責任転嫁する 「被(かず)ける」という標準語が訛ったもの
 かせぐ 働く、労働する 「稼ぐ」の意味が転訛
 かせがさんしょ
     ※ が=鼻濁音
お仕事がんばってください 「お稼ぎください」の転訛
 かせがせ
     ※ が=鼻濁音
仕事がんばって   同上
 かせる (漆などに)かぶれること、 「かせる」はあまり使われなくなった古い標準語である
 かだかだ 二つ揃いの物が片方しか無いこと、違うものが二つ並んだ様子 古い言い方「かたかた(片方)」が訛ったもの
 かだくそ ケチくそやろう、どケチ 「かたい(堅い)」に感動詞の「くそ」がついた罵りの言い方
 かだし 倹約主義。無駄使いが嫌いだがいざというときは違う。 「かた(硬、堅、固)しい」が転訛した。
 かだちんば 左右が不揃い、片方が無い 片足が無いことの「片ちんば」が転訛
 かだほ、かだっぽ 片方 「かたほう」が訛った
 かだる 話す、お話しをする 「話す」=「かたる(語る)」が訛ったもの。高齢者ほど「話す」という言葉より多用される
 かだれっ! 何とでも言ってろ、勝手なことを言うもんだ 話せ=「語れ」が訛ったものだが、言い方で意味が変化する
 かだわ 心身障碍者またはそれに相当する半端者 「かたわもの(片端者)」が転訛した侮蔑言葉
 かっくらすける 殴るなどしてこらしめること、鉄拳制裁を食らわすこと 「食(く)らわしつける」が転じ訛った言葉に強調接頭語「かっ」がついたもの
 かっくりげ~す 荒っぽくひっくり返すこと 「ひっくり返す」に強調する語「かっ」が付いた言葉
 かっける 書き換える 江戸弁の「書きけぇる」が訛った
 かったい とても硬い、硬~い 「かたい(硬い)」の言い方に「っ」を入れた強調形
 かっちゃ ①借りた
    ②枯れた
    ③刈れた
全て、訛って同じ発音になる
 がっちら、がっちし がっちりと、抜け目無くしっかりと 「がっちり」が転訛したもの
 かっちらがす ひどく散らかす 「散らかす」に「かっ」が付け様子の強調
 かっつぁぐ 引っ掻く、爪を立てる 「掻き裂く」が訛った
 かっつぇわし ひどく忙しい(忙しない状態)
    なんとも落ち着がない様子
「忙(せわ)しい」の語頭に「かっ」を付け強調
 かっぱぐ 堀り掻き払う動作 関東方言で「かきはらう」が転じた言葉
 かっぺる(かっぺった) 河沼などに填る、落ちる 「川(かわ)に入(はい)る」が訛った
 かっぽる 素早くちょっと掘ること 「ほる(掘る)」に接頭語の「かっ」が付いて転訛した
 かっぽじる 指などで穿ること 「ほじる(穿る)」に接頭語の「かっ」が付いて転訛した
 かなね かなわない 江戸弁「かなぁね」が訛った
 かねじゅ 家族全員 「家内中(かない・ちゅう」が転じ訛ったもの
 ・・・かねね ・・・かねない。しかねない。 「・・かねない」が訛った
 かばね 体、ずうたい、なり 姓(かばね)と「かばね(屍・尸)」が転じた言葉
 かぶづぐ かぶりつく、かみつく 「かぶりつく」が訛った
 かまな、かまーな 関わるな、気にするな 「かまうな」の転訛
 かみっぱじ 紙切れ、紙片 「紙端(かみはし)」が転訛した
 かみっぺら 紙片、紙切れ 紙幣や薄い紙を意味する「ぺら(片羅)」、または「半ぺら」の略語の「ぺら」の言葉の前に「紙」が付いて転訛した
 (匂いを)かむ (匂いを)嗅ぐ 「かぐ(嗅ぐ)」の東関東独自の言い方の転訛
 (匂いを)かむな (匂いを)嗅ぐんじゃない 「嗅ぐな」    同上
 かむげ 川向の地域 江戸弁「かわむけぇ(川向)」が訛った
 からがみ 襖(ふすま)、唐紙(からかみ 唐紙(からかみ)を張った唐紙障子が転じた
 からくぢ(で食う) おかず(副菜)にしないこと。お茶請けやおつまみ的に。 口に何も入っていない様子を意味する「空口」が転じ訛った独特の言い方
 からっつね(からつね 肌着も何も着けない脚 「空の脛」が転じ訛った
 からて、からてっちり 手ぶら。てみやげ無し。 手に何も持たない「空手」のこと。
 からびる 乾き涸れる(枯れる)こと。干からびる 「からびる(涸びる)」は今単独では使わなくなり、文頭に「乾・干」の言葉がつき「干乾びる・乾涸びる」が常となった。
 ・・・からまり ・・・頃、・・・あたり 「・・がらみ(絡み)」と「・・あたり」が混じって転訛
 がらり ただちに、即座に、直ぐ様 戸を急に開ける古い擬音語「ぐゎらり」の転訛
 ガラガラしてる 勝気で荒々しい性格の様子 地域独特の擬態語
 がわ 外側、周り、傍で暮らす人々 「かわ(側)」が転じたものだが「が」は濁音
 かわおび ベルト 皮の帯=ベルト
 ・・がい、・・がん ・・・ですか、・・・でしょうか 「・・が」の丁寧語
 かんげなし 思慮が無い、無鉄砲 「考え無し」が訛ったもの
 (匂いを)かんだ (匂いを)嗅いだ 「嗅いだ」の東関東独自の言い方の転訛
 (匂いを)かんでる (匂いを)嗅いでいる 「嗅いでいる」  同上
 がんで 棺(ひつぎ)を運ぶ台 ご遺体を載せる台の古称「棺台(がんだい)」が訛った
 かんでみ ①(物を)噛んでみなさい
    ②(臭いを)嗅いでみなさい
「噛んで」と「嗅いで」を同じく発音する。「み」は「みなさい」とか「みて」などの接尾語の転訛
 がんばご 「ひつぎ(柩・棺)」のこと 「棺箱(がんはこ)」が訛った
 かんばん 昔職人が着た名入れ半纏 職人の「看板入り半纏」が転じた
 かんぷら、かんぽらいも ジャガイモ、馬鈴薯 蕪に似た形からの古称「かぶらいも(蕪芋)」が訛った
 かんぺ ちょっと変な人 忠臣蔵に出てくる間抜けな早野勘平に由来か?
 かんます、かんまがす かきまわす、かき混ぜる、混乱させる、 「掻き回す(かきまわす)」が訛った
 かんまぜる かき混ぜる 「掻き混ぜる」が訛った
 きぃもむ、きーもむ 焦る、気を揉む 「気を揉む(きをもむ)」が転じ訛った
 きかっと 直角になっている様や物 きちんと。はっきりと。きっかと。などを意味表す古い言葉の「きか   と」が転じ訛った言葉
 きかね、きかない 気が強い、強情 江戸弁、言うことを‘聞かねぇ’が転じた
 きかんぼ 気が強い子、 「利かん坊」が訛った
 きしゃみぢ 鉄道線路のこと 「汽車が通る道」→「汽車道」が訛ったもの
 きしぇわり 気持ち悪い、何とも不快だ 「気色悪い」または「気障り」が転じたか? 
 きたい 不思議 少し古い言葉「稀代(きたい)」のこと
 きぢげ 狂人、・・狂い、マニア 「気違い」が訛った。昔は「幾知可比(きちがい)」と書いた。
 きづまらし のびのびしない、窮屈だ 「気詰り」が転じた言葉
 ぎっちょ(ひだりぎっちょ 左利きの人 「左利(ひだりぎっちょ)」、「左器用(ひだり・ぎっちょ)」の「左」が省かれたもの。
 ぎっちら、ぎっちし ぎっしり、たっぷり 同じ意の「ぎっちり」が転訛した
 きっつぁし 挿し木、指し芽 枝などの「切り挿し(きりさし)」が訛った
 きっつまらし 非常に狭くて窮屈だ 「きづまらし」の強調形
 きっとしてる 動かない様子、じっとしている、おとなしくしている、 強く引き締まってゆるみや隙がなく落ち着いた様を表す「きりっと」または「きっと(屹度)」が、動ないことの意味に転じたと思われる
 きっとしてらんにぇ じっとしていられない、 上記の否定形
 きど(きどみち) 家の玄関に通じる通路または敷地を指す、木戸道とも言う 「木戸」のことだが、本来の「木戸」のことだが、本来の門や通用口の意味が転じてそこに通じる「私道」や敷地に入る通路地そのものを指すようになったもの。
    冠婚葬祭用の本木戸と、それとは別の場所を意味する裏木戸の言い方がある
 きどごろね うたた寝、ごろ寝 古語「着所寝」着物のまま寝ることから転じた
 きめっこ、きめこ いじけること、すねること 「気が滅る(きがめる)」が転訛した言葉で主に幼児語として使われるため接尾語に「こ」がついた
 きもすけわり 薄気味悪い、気色悪い 腹底からの意味で「肝助(きもすけ)が悪い」が転じた
 ギヤマン 蓋付きガラス大瓶 ガラスの古称「ギヤマン」が転じた
 ぎゃぐす 食べたのを戻すこと。吐く。 「戻す」と同じ状態の「逆す(ぎゃくす)」を使った言葉
 きゅうろ 黄色 「きいろ」が訛った
 きりし 霧雨、小糠雨 「霧時雨(きりしぐれ)」が転じたと思われるが、「霧之雨(きりしあめ)」が転じたとも考えられる
 きれ 嫌い 「嫌い」の江戸弁の「きれぇ」がさらに訛った
 ぎんちょ、ぎんちょも けれど、けれども 「けれど」、「けれども」が訛ったもの。
 ぎんながし 遊び人 江戸七夕の銀メッキかんざし「銀ながし」から転じた
 きんにょ 昨日、きのう 古い大阪弁「きんにょう」と古い尾張弁(名古屋)の「きんのぅ」の言い方が混じって転訛した
     
     

|

« く・け・こ | トップページ | う・え・お »

南達弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« く・け・こ | トップページ | う・え・お »