« な ~ の | トップページ | た ~ ち »

つ・て・と

     方 言      意 味       語源、由来
 ・・・っつぁん OOさん、 名前に付ける敬称「さん」の転訛だが、それを使う名前は限られる
 ・・・つぉ ・・・(する)ぞ 「ぞ」の昔の発音「そ」が転訛したか?
 ・・・つぉい ・・・(し)ますよ、 上記に「い」を付けた尊敬・丁寧語形
 つー ・・と言う 古語「といふ」⇒「ちゅう」が転訛した
 つかんべ 少しのこと 「掴めるほどの量」が転じ訛った
 つける 積み込む、載せる 「詰めける、積めける」の転訛か?
 ・・・っちゃ ・・・へ、・・・に 形容詞や名詞の末尾が「ち」になるものに、「・・へ」を表す「・・さ」をつける場合、「ち」と「さ」が約され「ちゃ」という言い方に変化する。そのとき必ず末尾の「ち」の前に「っ」が付く
    「あっちさ」→「あっちゃ」、「町さ」→「まっちゃ」
 つっかぐ つかえる、引っ掛かる あまり使われなくなった標準語の「突っ掛く」
 つっかげ サンダル つま先に突っ掛けて履くことから転じた
 つっかげる 掛ける、(火に鍋を)かける あまり使われなくなった標準語の「突っ掛ける」
 つっかり しんばり、支え、つっかい棒 「突っかかり」が転じ訛った
 つっけす 突き返す。返却する。 「突き返す」の江戸弁「つっけぇす」が訛ったもの。
 つっちぇ(来た。来る) ・・・を連れて 「連れて」が訛ったもの
 つっちぇ ・・・を釣りたい 江戸言葉の「釣りてぇ」が訛ったもの
 つって、つった ・・と言って、・・と言った 古語「といふた」⇒「ちゅうた」が転訛した
 つっぺる はまる、はまり込む、落ちる 田んぼや川などに誤って落ちた様子を表す言葉
 っと ・・・ですって、・・・だそうだ 「・・ですって」の「・・って」が転じた言葉
 っといで ・・・しておいて 「○○しておいて」が略され転訛した
 づない、づんない、ずね 大きい 古語の並外れの意「図無い(ずない)」が転じた
 つぶ タニシ 螺(にし)類の総称「つぶ、つび(螺、海螺)」を使用
 つよ 味噌汁、しずく(雫)、 「つゆ(汁・液)」が訛った
 つよっぽい 雨露で草に雫が多い様子 「露(つゆ)っぽい」が訛った
 つら 顔、おもて(表、面) あまり使わなくなった標準語
 つらっぱりね 厚かましい、恥知らず 「面恥・無し(つらはじ・なし)」が転じ訛った
 つんぬげる 突き抜ける、通り抜ける 「つきぬける」が訛った
 つんのめる 頭から突っ込み転ぶ、躓く 倒れるの意の古語「のめ・る」を強調した言い方の転訛
 つんみぎる、ちんみぐる 抓ること 地方独自表現語
 (名)+で(でぇ) 年長男性への敬称として使われる接尾語。 「太郎で」(太郎でぇ)などのように使われる。ただし、名字には使われない。
 で、・・・(べ)で ・・(で)しょうね、・・(だ)ろうな 「で・しょうな」の「しょうな」が含み言葉になって、「で」に集約・省略された言葉使い
 て、・・・って(言う) ・・・と、・・・と言う 「と」が「て」に転訛した言い方
 てーら 平ら、穏やか、山が無い 「たいら(平ら)」が転訛した
 テーラー エンジン式耕運機のこと 日本の農具メーカー「細王社」が後に「コマツ」と合併し、国内初で、アメリカの「テーラー社」の耕運機を販売したさい商品名に「テーラー」を使ったことに由来する
 でーろ だめだ、でくの坊 カタツムリ=でろでろ、で遅い鈍い動作が転じた罵倒語
 てぇげ、てげ たいがい(大概) 「たいがい(大概)」が訛った
 でげ 大きい、でかい 江戸弁「でけぇ」が訛った
 でしかる、でちかる 座ること 「出を仕替える・出を控える」が転じ訛った(?)
 てっかり 灰皿付き煙草盆 今わめったに使わない古い隠語(やくざ言葉)
 てっきり、てっきら さだめて。きっと。間違いなく。 関東の一部で使われる古い標準語。
 でっくりがえる 転んでひっくり返る ひっくり返るに「で」を付けて強調
 でっけ とても大きい、でっかい 江戸弁「でっけぇ」が訛った
 でっこもり 山盛り、大盛り、天こ盛り 「てんこもり(天こ盛り)」が転じた
 でっこり たっぷり、盛り多く 盛り多い様子を表す擬態語
 でっころぶ、でっころんだ 転ぶ、転んだ 転ぶに意味を強める接頭語「で」をつけたもの
 てづで お手伝い 江戸弁の「てつでぇ」が少し訛った
 でって 大兄さん、兄様 極稀にしか聞かない古い言葉で「大せな」の尊敬呼び方
 てっぷし 手捌き、手際 手の際を意味する「手節(てすじ・てふし)」が訛った
 でな ひたい、おでこ 突き出た額を指す「でこ」が転じた
 ・・・でなくて そうじゃなくて、・・ではなくて 「・・ではなくて」が短縮されたもの
 ・・・でも ・・・など 「でも」の古い使い方が残っている
 でもあっぺ ・・・だろう、・・・じゃないか 「・・・でもあるだろう」が転訛した言葉
 でもあんめ ・・・ということじゃないだろう
    ・・・という訳じゃないだろう
「・・・でもないだろう」が転訛した言葉
 でやど 主に嫁さんの実家、またはそれがある地域をも指す。 この地域独自の言い方「出宿(でやど)」。出身の宿=家という意味からきている。
 でれすけ、でごすけ のろま、うすのろ 「でれ~とした」に奴「すけ」をつけた言い方
 でろ 泥、どろんこ 「どろ」が訛った
 てわすら 手遊び、手なぐさみ、 「手」と「悪さ」が合わさり転じたことば
 てんかぱんか 地面が凍りつき硬くなった様子 硬い様子の擬態語の「テッカテカ」と「パッカパカ」が、
    合わさって(?)、硬さをより強調した言い方で転訛
 てんくるま 肩車 「肩車」の地域別の言い方「天車」
 てんでに、てんでんに 各自、それぞれに 「手に手に」の転じ語「てんでん」が訛った
 てんとさま お日様、太陽 天道神(てんとうしん)を指す「天道様」の言い方
 でんぬげる 突き出る、外側へとびでる 「飛び出し抜ける」が転訛したもの
 てんぼ 片腕、片手が不自由な人 指や手首が無いことを指す「手棒(てぼう)」の転訛
 でんむぐった ひっくり返し溢(こぼ)した 「天を向いた」が転じた
 どいごど、どいごった どういうことなんだ 「どういうこと」が縮まり訛ったもの
 どうぬし 葬儀の野辺送りの行列で、松明を持って先頭を歩く役目の人の名称。埋葬場所への道案内と葬列の魔払いの意味がある 埋葬の際に野辺送り行列の先頭に立ち、松明を持って先導する人「導の火(どうのひ)」が訛ったもの。
    また、葬儀の際の僧侶は「導主(どうしゅ)」というが、この漢字は「どうぬし」とも読めるので、混同されてきた可能性もある
 とうみぎ
     ※ ぎ=鼻濁音
とうもろこし 別称「唐黍(とうきび)」が転じ訛った
 ときたま 時どき、たまに 「時どき、たまに」が短縮され転じた言葉
 とぎったま たま~に、間をおいて 「ときたま」がもっと稀になった場合の言い方
 とげる 解ける。溶ける 「とける(溶ける・解ける)」が訛った
 どげる よける、しりぞける 「どける(退ける)」が訛った
 ・・・どご ところ、箇所 場所を数える時に使う。「3どご(みどご)」=「3ヵ所」
 どごもかぐも あっちもこっちも、 「どこもかしこも(何処も彼処も)」が転じ訛った
 としとり(年取り) 大晦日、大晦日の日没後 昔は大晦日の日が沈むと新しい年になり、新たに一歳加わったという考え方だったため、この言い方ができた。
    「年取りの晩」という言い方もする。
 としなおし(年直し) 厄年のこと 本来は「厄落とし・厄払い」のことだが、大厄となる男:42(数え)、女:33(数え)のことを意味・指すようになった
 どしょなし 度胸無し、小心者 「土性無し、度胸無し、ど根性無し」が転じた
 としょり 年寄り、高齢者、老人 昔の上級役職「年寄」から転じた言葉「としより」が訛った
 としょりかぶ 年寄りの年代、高齢に入る年齢 地位・身分・資格を示す古い言葉の「年寄株(としよりかぶ)」が転じ訛った
 どす、どすびょう ハンセン病(らい病) らい病のもっと侮蔑した呼び方
 どすまげ ハンセン病の身内親戚を持つものに対しての蔑称 どす=らい病、まげ=まき(血筋)が合わさった言葉
 とっかがる 着手する。取り掛かる 「とりかかる」が訛った
 とづぐ
     ※「ぐ」=鼻濁音
嫁入り、結婚、嫁ぐ 「とつぐ(嫁ぐ)」の訛り。この場合「ぐ」は鼻濁音
 とづぐ・とずぐ
     ※「ぐ」=濁音
届くこと 「とどく(届く)」が訛ったもの。古い江戸弁「とつぐ」にも由来
    この場合「ぐ」は濁音しかない
 とっくがら ずっと以前から ずっと以前からの意味の「疾っく」に「・・から」が組み合わさって訛ったもの
 とっくせっく かなり以前に、かなり早くに 「とっく(疾っく」に語呂合わせの「せっく」をつけて意味を強調した独自語、ゆえに「せっく」に意味は無い。
 とっくど すでに、ずっと以前に、早くに
    ほとほと、本当に
「とっくに(疾っくに)」が転訛した
 とっくどだ ほとほと参った、限界だ、 「篤と(とっくと・とくと)」が転じ訛った
 とっくどむがし とうの昔に、ずいぶん前に 「とっくのむかし(疾っくの昔)」が転訛した
 どっくぼ 窪地の最奥、どん詰まり 窪(くぼ)に強調する接頭語ドンが訛った「どっ」が付いたもの
 とっけす 奪う、取上げる、横取する 「とりかえす(取り返す)」が転じ訛った
 とっけさっちゃ 奪われた、取られた 「とっけす」に「・・・さっちゃ」が付いた言い回し
 とっけしこら(くら) 取り合い、奪い合い 上記の「とっけす」に、接尾語で‘くらべ’の意味の「くら(競)」が付いた言い方「とっけす・くら」が訛った
 とっけしっこ  同上 「とっけす」に、競うという意味の方言「・・っこ」という接尾語
 とっける 取り替える 江戸弁の「とっけぇる(取り替える)」が訛った
 とっこす 追い越す、上をゆく 「飛び越す」が転じ訛った
 とっぱぐる
     ※「ぐ」=鼻濁音
取り損なう、握り損なう 「とりはぐる(取り逸る)」という現代では使わない標準言葉が転じ訛った
 とっぱじめ 最初、一番初め、 「はじめ(始め・初め)」の前に、ずっと以前からを意味する「疾っく」を文頭につけ強調した言い方、「疾っ始め」が転じたもの?
 とっぴゃがる 跳ねる 「飛び上がる」が訛って転じた
 とでも まさか。とうてい。なんとしても。よもや。 「とてもかくても」の略語「とても」が訛ったもの
 どなくれ どのくらい、いかほど 「どのくらい」が転訛したもの
 どのる 一休みする、一息つく 古語の落ち着くの意「となふる(とのる)」が転じた
 とろげる 蕩ける。溶ける 「とろける(蕩ける)」が訛った
 どんくれ どのくらい、どれくらい 「どのくらい」が転訛したもの
 どんだげ どれだけ、どれほど 「どれだけ」が訛ったもの
 とんぼぐぢ 軒先、玄関先、 古語の出入り口の言い方「戸ノ口」が転じた
     
     

|

« な ~ の | トップページ | た ~ ち »

南達弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« な ~ の | トップページ | た ~ ち »