« は ~ ほ | トップページ | つ・て・と »

な ~ の

     方 言      意 味       語源、由来
 なぁ、なぁっ 「なわ」が訛った
 ・・ない ・・ですね、 終助詞「・・・な」の丁寧語形
 ない、ないで あのねぇ、ちょっと、あのさ~ 地域独特の呼びとめなどの言い回し
 ながし
     ※ が=鼻濁音
台所、キッチン 昔の台所形態の「流し台」が転訛したもの
 ながしっぱだ
     ※ が=鼻濁音
炊事場、台所付近 「流し端(ながしぱだ)」の転訛
 ながずそ・・・
     ※ が=鼻濁音
澄ました、働かない(女) ふだん綺麗な長裾着物で労働しない事が転じた言葉
 ながっちり 長居すること。長く居座る性格の者を揶揄する言葉。 長く座っている様子の「長尻(ながじり)」が転じた表現。江戸言葉・東京方言ともある
 ながっぽそい 細く長いこと 「長細い」が転訛
 ながば 仲間、一定のグループ 「なかま」が訛った
 なぎみそ 泣き虫の人 「泣き虫の味噌っかす」が転じた
 なげ ①長い、(げ=鼻濁音)
    ②泣け、(げ=濁音)
①「ながい(長い)」が転訛した。江戸弁「なげぇ」と同じ言い方
    ②「なけ(泣け)」が濁音化した訛り言葉
 なさげね 嘆かわしい、みじめだ 「情け無い」が訛った
 なして どうして?、なぜ? 「何ぞして」が転じたか?関東以外の全国で使用
 なじょして どう言う訳で?どうやって? 古語、何を’の意「なじょう」が転じた
 なじょったい? 調子はどうですか?具合はどうですか? 同上
 なづぎ 頭部、額 古語の頭部をさす言葉「なづき」が訛った
 なつこい、なつけぇ 人懐こい(ひとなつこい) 「ひとなつこい」が短くなって転訛
 なっちぇる 慣れている 「慣れている」が訛った言い方
 なっちぇね 慣れていない 「慣れてない」が訛った言い方
 なっちゃ 慣れた 「慣れた」が訛った言い方
 なにきら なにやかにや、何やら 古い言葉「何彼(なにか)やら」が転化した言葉
 なにげね 何気ない 江戸弁「なにげねぇ」が転じた
 なにほど どれほど、どんなにか 「どんなにか、どれほど」が混じり合った独自の言い方
 なぬが、なぬか 7日・七日(なのか)のこと 「なのか(七日)」が訛った
 なまずし 刺身が乗った握りずし、 生の切り身ネタを使う握りずしとそれ以外の寿司(巻き物やちらし)とを区別するための言葉。東北に多い言い方。
 なまぐさ
     ※ ぐ=鼻濁音
肉魚介類、それの料理 肉魚介を指す「生臭物(なまぐさもの)」が転じた
 なまご 波型トタン板、トタン 波板を指す言葉「海鼠板(なまこいた)」が訛っって転じたもの
 なまばな 生花(せいか)、生きた花 生花を「なまのはな」解釈して読んだもの
    造花は「つくりばな」と言ったりすることの対称語
 なめこい、なめけ 滑りが良い、調子良い 「滑(なめ)らか、滑(なめ)っこい」が転じた
 ならっちゃ (・・・に)なれた。 「為れた」が訛った言い方
 なり 身なり服装、体つき、相応 今ではあまり使われなくなった標準語「なり(形・態)」
 なりつら 見た目、物の表面 身なりを表す「なり(形・態)」と「つら(面・表)」が合わさり転じた
 なるだげ、なるったげ できるだけ、できる限り 「成るだけ」が転じ訛ったもの
 なん ・・・ですね。 終助詞「・・・な」の丁寧語形
 なんか なんだか。なにか。なにものか。なにごとか。 「なにか(何か)」の音便
 なんがい
     ※「が」=鼻濁音
長~い、 「長い」を強調する独特の言い回し
 なんしゃかまわず 何も気にせず。お構いなく。 「何も構わず」が訛った
 なんしゃでも 何にでも、どれでも 「なんにでも」が訛った「なんさでもの」がさらに訛った
 なんぞべ 何倍以上も、激しく増えること、倍増していくこと 未知数を意味する「なん(何)」に、倍の倍を意味する「そうばい(層倍・相倍・双倍)」が付いた「なんそうばい」が転訛
 なんだかんだね めちゃくちゃな様子 同意の江戸弁「何だも神田もねぇ」が訛った
 なんだでもね 無愛想、なんの音沙汰も無い 「なんだとも、かんだとも、何も無い」が短縮し転訛した
 なんだもね 何も気にしない事(格好)、無愛想 江戸弁、そっけない様子「何だでもねぇ」が訛った
 なんちゃねぇ どうってことない、大したことではない、何でもない 「何ということもない」が転じ訛った言葉
 なんでかんで どうしても、何としても、絶対に 「なんでもかでも(何でも彼でも)」が転じた「なんでもかんでも」、それがさらに転訛したもの
 なんどぎだい 進み具合はどうですか?
    そろそろ終了ごろですか?
「いつなんどき(何時何時)」が転訛した挨拶言葉
 なんとはなし なんとなく、 「なんということもなく」が転訛したことば
 なんね ・・をやってはだめ、・・・を禁じえない 形容動詞の「ならない」が転訛した
 なんね ①(果実や穀物が)みのらない
    ②成らない、達しない
①「生らない」の転訛
    ②「成らない」、「為らない」の転訛
 なんのきなし 何気なく、何となく 「何の気も無し、何気なし」の同類の言い回し語
 なんぼ いくら、どのくらい?、 「何分」または「何程」が転じか?
 なんぼがな いくら分の量? 「なにほど」に「がな」が合わさった古い言い回し
 なんぼでも いくらでも、 大阪などの関西に同じ言い方がある
 なんぼなんでも いくらなんでも、どのような事情や理由があるとしても 古い標準語や関西弁にある「なんぼなんでも」が使われている。「なんぼ=いくら」
 なんぼにも どうしても。いつまでたっても 「なにぶん(何分)にも」の言い方が転じた
 なんやかんや あれやこれや 「何や彼や(なにやかや)」が訛った言い方
 にぇ ・・・ね、・・・ない 福島弁の独自な言い方の接尾語の一つ
 にしゃ あなた 貴様 ①「仁」は孔子の最も上位の考えのため儒教に多く出てくる「仁者(じんしゃ)」の漢字、それは中世以前は「にしゃ」と読んでいた。その「にしゃ(仁者)」が相手への敬称として使われたものであるが、その後は同僚や目下への呼び方に転じたものであり、「貴様」の使用転じ方にとてもよく似ている。
    ②古語の「主は(ぬしは)」が訛って「ぬしゃ」となり、さらに転じたという説もある。
 にだだせる、にだでる 煮たてる、沸かす 「煮たて・させる」が転訛した
 にだづ、ねだつ 煮立つ、沸騰する 「煮立つ」が訛ったもの
 にでつぎ(にだいつぎ) 二代継ぎ再婚 長男の妻が、長男死亡後その弟の妻になり家を継ぐ事
 にゅうばい 梅雨と梅雨入りの両方の意味に使う 「入梅」が転じた
 にんぎゃが にぎやか(賑やか) 「にぎやか」が訛った
 ぬががま ぬかくど、籾殻を使う炊飯用竈 「もみぬかかまど(籾糠竈)」が転じたもの
 ぬがす ①言う(「が」=濁音)
    ②追い越す、追い抜く(「が」=濁音)
    ③脱がす(「が」=鼻濁音)
①古語、しゃべるの意「吐(ぬ)かす」が訛った
    ②「抜き返す」が転訛したもの
    ③標準語
 ぬがり 泥田、泥水溜まり 古語の「ぬかり(泥濘)」が訛った
 ぬがる ぬかるむ 「泥濘るむ」が訛った
 ぬげさぐ 間抜け者 「抜作(ぬけさく)」が訛った
 ぬげね(げ=濁音) (杭や靴が)抜けない 濁音だと「抜けない」の訛り
 ぬげね(げ=鼻濁音) (服が)脱げない 鼻濁音だと「脱げない」の訛り
 ぬさる 乗っかる、乗っかる 「のさる(乗さる)」が転訛
 ぬすくれ 盗み食い、つまみ食い 「ぬすみくらい(盗み食らい)」が訛った
 ぬったぐる ベタベタやたら塗りつける 古い標準語の「ぬたくる」が転訛した
 ぬってげ 乗っていきなよ、乗りなさい 「乗ってけ」が転訛
 ぬる 乗る、載る、塗る 「のる(乗る、載る)」が転訛、「塗る」も同じ発音
 ぬるまこい とても温い。さらにぬるい 「ぬるい」の転訛に「まこい」が付いた強調形
 ね、ねぇ (・・では)ない、(・・じゃ)ない 江戸言葉の発声が同じく変化する事に由来する
 ねぎさま 神主様 神主の代行をする神官の役職「祢宜(ねぎ)」が転じた
 ねじぐれる へそを曲げる、気分を害す、つむじを曲げる、ふて腐れる 「捩(ねじ)れる、ぐれる」が転じ訛った
 ねしな 寝付くころ、寝てまもなく あまり使わなくなった標準語「寝しな」
 ねだ 食べ物に火が通った、煮た 「煮立った(にたった)」または「煮た」が転じ訛ったもの
 ねだづ 煮だった様子 「煮立つ(にだつ)」が訛った
 ねだった 煮立った 「にたった」が訛った
 ねっから てんで、思うほど、まったく 「根から」の転じ語の「根っから」がさらに転じた
 ねっからだ たいしたことない 「根っから期待したほじゃない」が転じた
 ねっきし ふもと、真下、根本あたり 「根岸」、「ねっこぎし(根っこ岸)」が転訛した。上方方言で際(きわ)や、ギリギリそばを指すことば「根際(ねき)」が基の言葉かもしれない。
 ねっこはる 定住する、移動しない、根張る 植物が根っこを張って動かなくなる様子から転じた言葉
 ねっころがる ごろんと寝ること 「寝転がる」が訛った
 ねっぱかっぱ ねばねばした 地域独特の擬態語
 ねっぱす 貼り付ける 「粘(ねば)す」が訛った
 ねっぱる くっ付く。貼りつく。 「粘る(ねばる)」が転訛した
 ねぼげ 寝ぼけたような者を指す 「寝ぼすけ」に「ボケ野郎」の意が合わさって転じた
 ねむて 眠い、眠たい 「眠たし」が変化した「眠たい」の転訛
 のぐう 拭(ふ)く、拭(ぬぐ)う 古い言葉使い「のごふ(拭う)」が訛った
 のぜる 吐きそうになること、えずく 「のどに添える」が訛り転じた
 のぞっくび 首を伸ばして覗き見る様子 野次馬的覗き見行動からできた言い回しか?
 のぞっこむ 覗き込むこと 「覗き込む」が訛ったもの
 のっこいる 乗り越える 単純に「乗り越える」が訛った
 のっせ、 乗ってください 江戸弁「乗りなせぃ」が訛った丁寧語
 のっさんしょ お乗りください 上記のさらに丁寧になった敬語
 のったぐる、のたうつ もがき苦しみ転びまわる様子 古い標準語の「ぬたくる」が転訛した
 のってくんちぇ 乗ってください 江戸弁「お乗りくだせぇ」が訛った
 のっぺ ①安易に、考えなしに、やたらと、単純に
    ②乗ろう、載りましょう
①「のべつ」が転じた
    ②「乗る」に「ぺ」がついた言葉
 のへっと、のへーっと のほほんと、ぼんやりと 変化が無い様子「のっぺりと」が転じた
 のめ 眼病のものもらい 膿で腫れる眼病の俗称「膿眼(のう・め)」が転じた
 のめる 倒れる、(田などに)嵌り込む 「(前へ)倒れる・傾く」を表す標準語
     
     

|

« は ~ ほ | トップページ | つ・て・と »

南達弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« は ~ ほ | トップページ | つ・て・と »