« か ~ き | トップページ | あ ~ い »

う・え・お

     方 言      意 味       語源、由来
 うーめん 乾麺すべてを指す 宮城県白石名物の温麺(うーめん)から由来
 うーでもつーでもね 何の返答も反応も無い 「うんでもすんでもない」の言い方の地方語
 うすら なんとなく、少し馬鹿者 「薄ら・・」の言い方が転じた
 うっ?、うぅ? エッ(何)?んっ? 聞こえなかったり理解できなかったときの地域独自語
 うったぎまわる 悩み困りウロウロする様子 獣がうなり歩き回るの言葉「うたき・まわる」が転じた
 うっちゃ 家に、我が家に 「うちさ(家さ)」という方言がさらに訛った
 うっちゃる 退かす、放って置く 相撲の決まり手「うっちゃり」から転じた
 うっつぁし 非常にうるさく騒いでうっとおしいこと 「うっとおしい」が訛り転じたもの
 うでる 茹でること 「茹でる」の古い名古屋(尾張)弁の「うでる」が伝わる
 うなう 耕す 古語の「耡ふ(うなう)」を現代も使用
 うぬら お前たち、おまえら、 「おのれら(己等)」が転訛したもので、相手をののしったり侮蔑するときに使う言葉
 うむれる 蒸し蒸しする、蒸す 古い標準語の「蒸(うむ)れし」の転訛
 うむれる 蚕などが羽化すること 古語「うむれる(生れる)」の転訛
 うるがす 水に浸して置くこと、 古語「潤(うる)かす」が訛った
 えぐい(えごい) 山草などがあくが強いこと
    強情な人にも使う
「えぐい・えごい(蘞い)」の転訛
 えて 得意なこと あまり使わなくなった標準語「えて(得手)」
 えてでね 得意ではない。不得意だ 「得手(えて)ではない」が転訛した
 えば 餌(えさ) 「餌食(えばみ)」の略語の古い標準語「餌ば(えば)」
 えんと 乳飲み子が座ること 止まる、座るの意「えんこ」の幼児語
 おえる 生(は)える 同じ文字の別読み使い「お(生)える」を使用
 おおぜ 大勢のこと 「おおぜい」が訛ったことば
 おおせな 一番上の兄、大兄(おおあに 古語「せな(兄な)」に「大」を付けて上者とした呼び方
 おがだ 奥様、妻 古語の「奥方(おくがた)」が訛った
 おがぼ 陸稲(おかぼ)、畑作の稲 「陸稲(りくとう)」のもう一つの読み方「おかぼ」
 おがれ
     ※「が」=鼻濁音
盛り過ぎ、萎れ始め 「老(お)い・枯(か)れる」が転じた
 おぎぬげ 起き掛け、起きた直後、
    起きしな、起き抜け
あまり使わなくなった標準語の「おきぬけ(起き抜け)」が訛ったもの
 おぐっちゃ 遅れた 「おくれた」が訛った
 おぐる 奢(おご)ってやること 「奢(おご)る」が訛った
 おさむ 押さえつける、取り押さえる、捕らえる 「押さえる」の古い言い方「押さむ」が転じたもの
 おさんだ 押さえつけた、取り押さえた、捕らえた 「押さえた」が訛ったもの
 おしこぐる 強引に押し退ける、ごり押し 「押し」に続ける意の「こくる」が付き転じた
 おしこみなんしょ お休みなさい、(作業)切り上げましょう、お疲れさま 「(家の中に)お引き込み(籠り)ください」が転じた
 おせぇ、おさえ おかず、 副食=采(さい)の丁寧語「おさい(御采)」が訛った
 おせせ 教えてくれ、教えて! 江戸弁「おせぇてくだせ」の短縮形
 おせっかい ①教えましょうか。知らせますか。
    ②押せますか。
    ③お節介
①「教えますかいな」が転じ訛ったもの
    ②「押せますかいな」が転じ訛ったもの
    ③標準語だがこの場合は「おっせかぇ」と少し訛る
 おせる 伝える、教える 「教える」が訛ったもの
 おだず、おだじ はしゃいでる様子 おだてられるの意「おだつ(煽つ)」が転じた
 おちる 降りる、下る 「落ちる」の意味が変化転じた
 おっかぐ 割る、欠け割る 「欠く」に「おっ」を付けて強調したのが転じた
 おっかさま お母さん 「お母様」が訛った
 おっかね、おっかない 恐ろしい、怖い 「おおけなし(恐れ多い、分不相応)」が「おっかなし」に転じそして江戸言葉「おっかねぇ」になり、それが転訛した
 おっきょる 折る、折り切る 「押し切り折る」が転じ訛った
 おっこぐる、おっくぐる あおる、追い立てる 「追う・押す」に続ける意の「こくる」が付き訛った
 おっこむ 取り込む ちょっと古い標準語「押っ込む(おっこむ)」のこと
 おったぐる ひどく煽り追い立てまくる あまり使わなくなった言い方「おったくる(押っ手繰る)」が訛ったもの
 おっちらがす 振り撒くようにバラバラにする、散らかす、散乱させる、ちゃかす、 「ちらかす(散らかす)」に、強調語の「お」がついて転訛した
 おっつがね 追いつかない 江戸弁の「おっつかねぇ(追っつかねぇ)」が訛った
 おっつぐ 追いつく 江戸弁の「おっつく(追っつく)」が訛った
 おっとばす 追い払う 「追い飛ばす」が訛った
 おっぷる 振る、強めに振る 「振る」に「おっ」つけて強調
 おっぺしょる 強くまたは激しくへし折ること 「へしおる(圧し折る)」の強調した「押っ圧し折る」が転じた俗語。古い標準語・江戸言葉である
 おづげ 味噌汁、おみおつけ 「おつけ(御付)」が訛ったもの
 おつよ 味噌汁、おみおつけ 「おつゆ(御汁」が訛ったもの
 おどげ 冗談、 「おどけること」が転じた
 おどっつぁま お父さん 「お父様」が訛った
 おどで、おどどぃ 一昨日、おととい、おとつい 江戸弁「おととい」が訛ったもの
 おなし 同じ、おなじ 「おなじ」の「じ」が消音化して「し」になる独自の言い方
 おばんかだ こんばんは 「お晩方になりました」が転じた
 おめさん あなた様 江戸弁「お前さん、おめぇさん」が訛った
 おもし、おもしぇ 面白い 江戸弁「おもしれ」が訛った
 おもしゃぐね 面白くない 江戸弁「おもしろくねぇ」が訛った
 おもで 重たい 江戸弁の「おもてぇ(重て~)」が転訛した
 おもで 戸外、表、 「表(おもて)」が訛った
 おやす 生(は)やす 「生やす」は古い標準語(読み)では「おやす」なる
 おら 「おれら(俺等)」が転訛したものでろうが、同じ意の江戸弁「おいら(己等)」の言い方も関係が無いとは言えない
 おら げ おれの家 「俺の家屋」が訛った
 おら ほ 自分の方、我が方 「俺のほう」が訛った
 おらい おれの住まい 「俺のいえ」が訛った
 おれら 俺たち 江戸弁の「おれら(己等)」と同じ言い方
 おろぬぐ 間引き抜く、選んで抜く 古語「うろぬく(疎抜く)」が訛った
 おんつぁ、おんつぁま おっさん、伯(叔)父さん 役立たずの意にも使う 「おじさま」が訛った
 おんなし 同じ、おんなじ 「おんなじ」の「じ」が消音化する独自語
     

|

« か ~ き | トップページ | あ ~ い »

南達弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« か ~ き | トップページ | あ ~ い »